ページイメージ

成人看護領域へようこそ

~ 新年度スタート!! ~

2016/05/06 by editor-03

4月になり、成人領域は新たな先生を1名迎え、スタートしました。
早速、『卒業研究』もスタートです!
『卒業研究』では、学生自身が研究テーマを設定し、今まで学んできたことを統合して研究活動を実践します。成人領域では、4回生15名の学生に対して、教員8名が研究活動をサポートし、『成人ゼミ』と呼んでいます。
また、研究活動以外にも、成人ゼミとして様々な活動をしてくれています。演習での後輩指導やオープンキャンパスでの学生生活の説明など、成人ゼミの学生が大活躍する予定です☆ 実習を乗り越えてきた学生はみんな、たくましくなりとても頼もしいです。
みんなで1年間、成人ゼミを盛り上げていきます!!

☆成人ゼミの学生 Aさんの卒業研究 意気込みコメント☆
  ↓     ↓     ↓     ↓
卒業研究では、スピリチュアルケアという、死が間近に迫った人に寄り添い、生きる意味を支えていくケアについて研究したいと考えています。難しいことも多いですが、先生や他の成人ゼミの学生にも相談しながら1年間頑張ります!

(写真は、ゼミの様子です)
dsc01078.JPG

1.成人看護領域について

2011/07/26 by editor-01

 身体的にも精神的にも社会的にも成熟した成人期にある人々と、その家族を対象とした看護について学びます。様々な健康問題をもつ人々の特徴と支援のあり方を、看護理論や医療の知識・技術を活用して検討していきます。

成人看護領域では、クロニック・クリティカル・エンドオブライフと、様々な時期にある患者とその家族が対象になります。そのため、授業もそれぞれ特徴があります。

クロニックケアとは、長期にわたり持続する病と共に生きる人とその家族が、自らの問題に気付き自ら意思決定したやり方で病気と折り合いをつけて、その人らしい生活を送ることを目指したケアです。

クリティカルケアとは、手術や外傷、重篤な疾患などに寄り生命が危機的な状況にさらされている人とその家族に対する、生命の維持や生活の援助を目指したケアです。

エンドオブライフケアとは、その人のライフ(生命・生活・人生)に焦点をあて、苦痛の緩和と生活の援助を行い、人間としての尊厳と意思決定を尊重した最期まで生きることを支えるケアです。

【科目の案内】(2012年度以降入学生)
1年次
 ・成人看護学概論

2年次
 ・成人臨床看護学
 ・成人クロニックケア演習

3年次
 ・成人クリティカルケア演習
 ・エンドオブライフケア演習
 ・成人クロニックケア実習
 ・成人クリティカルケア実習
 ・エンドオブライフケア実習