滋賀県立大学人間看護学部

人間看護学部のご案内

ようこそ、滋賀県立大学人間看護学部へ !

2017/03/20

このページでは、滋賀県立大学人間看護学部のめざす教育と学びについてご紹介いたします。

1.人間看護学部がめざすもの

2017/03/20

 人間看護学部の教育目標
   1.豊かな人間性のもと、幅広い視野で人間を
     総合的に理解する看護職の育成

   2.高度な専門知識や技術、実践的な判断力、
     指導力を有する看護職の育成

   3.地域特性に即した実践力を有する看護職の育成

2.アドミッションポリシー

2017/03/20

 人間看護学部では、多面的な視野に立って人間と健康に関わる問題を解決し、地域に貢献できる看護職を育成します。この教育目標を達成するために、次のような学生を求めます。

求める学生像
 @ 人間に対する関心をもち、対人関係の基礎的能力を有する人(表現力・協調性)
 A 生命、医療、看護に対して強い関心をもち、自ら学ぼうとする意欲を有する人(意欲・探求力)
 B 高度な専門的知識を身につけるために必要な確かな基礎学力を有する人(知識・理解)
 C 見出された課題解決に向けて論理的に思考できる基盤を有する人(思考力・判断力)
 D 地域社会から国際社会の問題まで広範な関心をもち、人と協働する力を有する人(関心・協働性)

3.人間看護学部の特色と学びのポイント

2017/03/20

Point1.全学共通科目を通して豊かな人間性を養う
 他学部との共通科目を通して、人の痛みや苦しみを共有し、人間の生命の尊厳や権利を尊重できる豊かな人間性を備えた看護職としての資質を高めます。

Point2.人間を総合的に理解し、看護を学ぶ
 充実した専門科目で、専門職としての知識・技術を修得します。

Point3.臨地実習を通して理論と実践の統合を図り、科学的根拠に基づく技術力・応用力・判断力を養う
 講義・演習・実習を通して、社会情勢の変化に的確に対応できる柔軟な思考力を養い生活実態に即した看護を創造する力を学びます。


★2016年度よりカリキュラムが変わりました。
 これからの、看護・医療の現場は地域へと移行していきます。看護基礎教育では、在宅で療養する人たちに適切な看護が提供できる力を養う必要があります。

 そこで、滋賀県立大学では、地域、とくに滋賀県における看護・保健医療を理解し、地域に貢献できる看護師の養成を学部のミッションとし、在宅看護の要素を、全ての看護領域に取り入れた包括的な学習カリキュラムを構築しました。

4.卒業時に得られる資格

2017/03/20

◆卒業と同時に取得できる資格
・看護学士の学位
・看護師国家試験受験資格

◆いずれかを選択し、指定する科目を履修することで取得できる資格・免許
・保健師国家試験受験資格(選抜制:30名)
・養護教諭一種免許(選択制)
(助産師課程は2016年度入学生から募集を停止しました。2019年度大学院助産学コース(仮称)開設予定)

5.お知らせ

2017/03/20

★オープンキャンパス開催予定 2017年7月22日(土)・23日(日)★